<   2007年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
飛んで“イスタンプール” 15日目


この前の モロッコのようにアクシデントも無く、順調に…
    ドーハ乗換え。                   アラビアンナイトの世界…
b0010125_035722.jpg

窓から万年雪の 「カラコルム山脈」が見えました。
ほとんどの人が窓を閉め 眠りについていましたが
きっと、右側の座席からはヒマラヤ山脈が見えたと思います。
b0010125_054962.jpg


帰りは強い偏西風に乗り…
夜遅く、うどんを食べて帰宅。 
あ~ 日本食が一番。。。


飛ばして飛ばして UPしましたが
見てくださった皆様、ありがとう。 <(_ _)>
[PR]
by hotate13 | 2007-05-30 00:14 | 歩き・旅 | Comments(12)
飛んで“イスタンプール” 14日目

イスタンプール最後の日。 ゆっくり11時半ホテル発なので 今朝も散歩。
朝から木陰で カード遊び。
b0010125_22562759.jpg


ガイドが「トルコ人はパンが大好き パンをいっぱい食べているのはトルコ人です」と
言う通り レストランでも私たちの5人分くらいを お皿にとって食べています。

道を歩きながらパン。 運転しながらパン。
街にはパン屋が目立ちます。

2~3軒のパン屋が並んでるところが多く、そのパン屋の前にもパン屋が…
数十メートルごとにパン売りのワゴンがいます。
b0010125_2258195.jpg

        珍しい飲み物

b0010125_23274488.jpg飲むヨーグルトのような物に塩をたっぷり。
塩味が効いてます。

トルコの濃い味付けには
さっぱりと合ってるかも…







b0010125_23355492.jpg


「ラク」 ぶどうから造られたお酒。
45度。 少し甘口。
アニス(セリ科)の香草入り。


                 透明  →

b0010125_2336119.jpg



冷水で割ると
← 白く濁ります。

独特の香り。

私は飲みません!


b0010125_23502263.jpg


りんご茶
と言うよりホットりんごジュース。

充分、甘いです。
その上 また砂糖を入れて飲んでました~

あとは おなじみの
トルココーヒーとチャイ。
これにもたっぷり砂糖を。
甘いもの大好きなんですね~




さあ お別れ!  空港です。
[PR]
by hotate13 | 2007-05-29 23:10 | 歩き・旅 | Comments(4)
飛んで“イスタンプール” 13日目(2)

トルコの建物はほとんど 一階は小さく 二階から上が張り出しています。
これは税金が一階の面積に対して掛かってくるためだそうです。
地震が多い国だのに 大丈夫なんでしょうか?
b0010125_21491555.jpg


グランドバザール
縦横に通路。金銀、絨毯、その他店がひしめいています。 買うものもなく…で
b0010125_2154399.jpg

   外で アツアツの焼き栗。美味しかった!
b0010125_2157177.jpg

「旨いもの」と言えば これ!     トルコアイス。
b0010125_21591460.jpg

何処に行っても トルコアイスを売ってますが、ガイドに「水道水を使っているとお腹を壊すからだめ!」と言われてました。
一度 ドライブインのレストランで「ここなら大丈夫!」との事で 食べました。
レストランでは お皿にチーズのように切って並べられたのをホークとナイフで食べました。
モチモチで美味しい~

このおじさんは 愛知博で日本にも来た事がある人。
ガイドの保障もあり コーンにつめたのを食べました。
お餅のようにグルグル捏ね、振り回すパフォーマンスです。


ボスポラス海峡クルーズ。
b0010125_2293171.jpg

「ウシュクダラ はるばる訪ねてみたら~♪」のウシュクダラはこのあたり…
b0010125_22123729.jpg

高級別荘が並びます。
b0010125_22151040.jpg

大金持ちのクルーザーも…
b0010125_22181557.jpg

毎日、豪華客船が入港、バスでどっと繰り出してきます。 この日は4隻。
日本からの船旅は どうしてあんなに高価なのでしょう?
b0010125_2218452.jpg



お魚市場は夕方から賑わい、冷蔵してなくて並べているだけ… 大丈夫?
b0010125_22243576.jpg

野菜も豊富(安いです!)
b0010125_22264791.jpg



イスタンプール泊
[PR]
by hotate13 | 2007-05-29 22:10 | 歩き・旅 | Comments(4)
飛んで“イスタンプール” 13日目(1)

トプカピ宮殿
さすが世界に君臨したオスマントルコ。 眼が眩むような財宝の山。
世界一の86カラットもするダイアモンドなど、宝石と金に溢れて、
もう現実的ではありませんね~

ハーレムを見学しました。
800人の料理人(最盛期は1200人とも)がいた。いったい何人住んでたのでしょう…
b0010125_21202061.jpg

b0010125_21411560.jpg

b0010125_2140356.jpg

4人の正妻たちは(男の子を産んだ順) こんな部屋に住んで召使にかしずかれ 
b0010125_21243763.jpg

その他の側室は大勢で こんな鉄格子の窓の部屋に住み、宦官が警備してた。
b0010125_21284484.jpg


お風呂とトイレ(大理石で立派。まだにお風呂の匂いがします。)
b0010125_2136153.jpg











b0010125_21361467.jpg










王の兄弟たちの部屋。  籠の鳥? 
王の地位を守るため、プリンスたちはこんな部屋で一生を過す。
b0010125_21392951.jpg



イスタンプール泊
[PR]
by hotate13 | 2007-05-29 21:29 | 歩き・旅 | Comments(2)
飛んで“イスタンプール” 12日目 (2)

アヤソフィア
b0010125_20345776.jpg

500年もの間 漆喰で塗りつぶされた壁の下から現れた キリストのモザイク画。
                              (クリックで拡大します)
b0010125_2052880.jpg

b0010125_2045564.jpg

まだ修復中で → 完成図









b0010125_20525410.jpg

                  (クリックで拡大 ↑ ↓ )
b0010125_2053576.jpg


町の人たち

b0010125_20585377.jpg彼は割礼を受けます。 割礼を受けると男性として
認められるとか…
何人も見かけましたが、ほとんどが王子様の服装で
有名な観光地に行くそうです。 晴れの日なのですね~
日本の七五三のような(?) 行事なのでしょうか?


b0010125_20592458.jpg





       Before  After のような二人。 →



b0010125_2234191.jpg


牛飼いのイケ面青年。





b0010125_00494.jpg
[PR]
by hotate13 | 2007-05-29 21:11 | 歩き・旅 | Comments(2)
飛んで“イスタンプール” 12日目 (1)

朝食後、ホテル近辺を散歩。 すぐ近くにサッカー場がありました。
日本の稲本が所属している チームの本拠地です。

ここで今夜、トルコリーグで優勝を決めた ジーコ率いるフェネルバフチュと
稲本のガラタサライの試合があるとかで、朝からサポーターが集まり始めています。
b0010125_1884820.jpg

サッカーは良くわかりませんが、因みに、バスの運転手、ガイド、助手の3人は
それぞれ別のチームの熱心なサポーターとか…
朝から住宅街で 国旗を売り歩く人が幾人も見られました。
b0010125_18152384.jpg

今夜は、一位と二位との激突。 「どちらが勝ってもフーリガンが暴れるので
夜はホテルを出ないでください」と言われました。
稲本も出たけど点に絡みませんでした。 ジーコチームの勝。

b0010125_2025375.jpg
b0010125_20252198.jpg













b0010125_2027567.jpg




坊やだって…
サッカーが盛んな国ですね。







地下宮殿
b0010125_18165886.jpg
b0010125_18185552.jpg







水道橋から地下に水を引いた
貯水池。
大きく見事な地下宮殿です。

暗い暗い水中に魚(鯉?)が
たくさん泳いでいました。
毒を入れられたらすぐ解るよう
昔から飼われていたようです。
ここの魚は一生、日の目を
見られないのでしょうね~ 

水が滴り落ちる地下宮殿の一番奥に横たわる
見たものを石に変えるといわれる メドゥーサの首。 
逆さまと横向きの2体ありました。
b0010125_1827404.jpg


ブルーモスク
b0010125_2010216.jpg

b0010125_2012375.jpg












男性の祈りのスペース
一人分。



女性は後ろの女性用のスペースで ひっそりと祈っていました。
b0010125_2016475.jpg

[PR]
by hotate13 | 2007-05-29 18:36 | 歩き・旅 | Comments(2)
飛んで“イスタンプール” 11日目 (2)

高速道の物売り…

イスタンプールに近づき 目が点!になったのは「高速道路での物売り」
アチラでもコチラでも… いっぱい!

金曜の夕方とて ガイドが言うとおり高速道路ならぬ「高速パーキング」となっていました。
そこここに パトカー、警官がいる目の前で柵を乗り越え 物売りが入ってきます。
警官は何も言わず、中には小さな子供を連れた母親が立っていました。
ヒッチハイクでしょうか?
b0010125_14253232.jpg



何売り?







b0010125_1426110.jpg




         タバコ売り?






b0010125_14271720.jpg





水売り?





b0010125_14275494.jpg





         パン売り?





b0010125_14282911.jpg




花売り。
金曜の夜、 
男性が女性に花を贈る・・・
今、花売り準備中。




イスタンプールの人口 1300万人。
ヨーロッパ側の旧市街地と アジア側の新市街地を結ぶ橋は 第一大橋、第二大橋の
二本だけ。 フェリーはありますが車はこの二本の橋に殺到します。
やっと第一大橋が見えてきました。
b0010125_1429921.jpg

金曜の夕方とて 旧市街も大混雑。 2~30分のところが2時間30分も掛かりました。

ツアー客が 「これはもっと道路を作るか地下鉄を作らないと…」と言うとガイドさんは
「何処を掘っても遺跡が出るイスタンプールは 工事が出来ません!」と憤然としてました。
そうでしょうね~ イスタンプールには何千年もの歴史が埋まっているのでしょうね~
新市街に今ある地下鉄は 世界一短いものとか…
朝の散歩中、地下鉄改札口を撮ろうとしたら「No photo]と言われました。 ^_^;


今日から イスタンプール 3連泊です。
[PR]
by hotate13 | 2007-05-29 14:54 | 歩き・旅 | Comments(4)
飛んで“イスタンプール” 11日目 (1)

サフランボル
黒海に程近い、険しい山間の谷間の町、サフランボル。
この地域にサフランの花が群生していたので名付けられた
この小さな町が世界文化遺産。

中央、右よりの煙突がたくさんある建物は シルクロードのキャラバンサライ。
隊商の宿でした。 今もホテルです。           (クリックで大きくなります)
b0010125_1344623.jpg

オスマン朝時代の古い町並みは土壁に木の窓枠が並ぶ独特の木造家屋。
新しい建物は禁止。  修復も外観をそのまま残し、今も人が住み続けています。
b0010125_13193228.jpg

b0010125_13451580.jpg

小さな町でホテルが少ないこともあり イスタンプールやアンカラからの強行軍で
サフランボルを訪れ、昼間はたくさんの観光客らしいのですが、幸いここで一泊。
夕方は静かでゆったりしてました。         ぶどう棚の下で、チャイする人々。
b0010125_13475837.jpg

平地はほとんど無く、石畳の坂が続きます。        
b0010125_13502213.jpg

お菓子職人、いい顔してます。 でも一般的にトルコのお菓子はとても 甘い! 
b0010125_13584662.jpg

朝、散歩してると パン職人がパン焼きの真っ最中。
b0010125_13591280.jpg


この旅に参加の理由のひとつはサフランボルを訪ねる事。
いい町でした~
[PR]
by hotate13 | 2007-05-29 14:13 | 歩き・旅 | Comments(2)
飛んで“イスタンプール” 10日目

首都「アンカラ」
博物館や初代大統領の「アタチュルク廟」など、見どころいっぱい。 
遺跡や遺物、石像etc あまりにも溢れてて 解らなくなります。
博物館へ遠足に来てた子供たち。  元気いっぱ~い!
b0010125_17523968.jpg

b0010125_17534261.jpg


アンカラは首都ですが、人口は320万、イスタンプールは1300万。
家賃はイスタンプールの半額程度…
トルコは各地の方言がはっきり解るそうです。
イスタンプールの方言が標準語になってるとか…

トルコの人口 7500万人 35歳以下60% 若いですね~
ホームレスは居ません。 
必ず親族で面倒を見るようで たまに親の面倒を見ないとニュースになるくらいとか…
家庭では母親を大切にするらしく 表面は男子社会のようですが、どこも同じですね~

トルコ人はバーベキューが大好きで、休日は公園や海辺で家族や友人との
バーベキューを楽しむのが好き。
なるほど、あちらでもこちらでもバーベキューや弁当を楽しむ家族がいっぱいでした。
そう言えば、13日間で3000㌔以上もバスで走ったけど、ゴルフ場は全く見なかった。
ガイドに聞くと、地中海よりのリゾート地に2~3はあるが、観光客や大金持ちだけ…
トルコでは人気がないそうです。 家族一緒が幸せなのですね~


アンカラ大学に 日本の援助で初めての日本語学科が出来(今はイスタンプールにも)
現地ガイドさんは このアンカラ大学の日本語学科卒。
トルコ語、日本語、フランス語、ギリシャ語、ドイツ語、韓国語を話します。
フランスや韓国のガイドもしたことがあったとか、でも日本大好き。
今は日本のガイド専門。 トルコを背負って立ってるような意気込みの愛国者でした。

最低賃金4万円、大卒賃金7万円。 所得税35%、消費税18%
手取りは大卒でも4万チョッとになるようです。
国の予算の1/3は軍事費。 ギリシャとキプロス島をめぐり 常に緊張状態とか…
そう言えば トロイ戦争も トロイとギリシャの争いでした。
兵役もあり 20歳~30歳の間に 半年、一年、1、5年と 学歴によって違うとか。
彼も28歳でそろそろ兵役だと言ってました。

失業率は 夏12% 冬18% 
農業国のトルコは 収穫期の夏は季節労働者(クルド人)が渡り歩くそうで 
あちこち畑の中にテントを張って 数家族一緒に暮らしてました。
子供も連れて移動してるようで、学校には行けず 識字率は80% 
b0010125_206628.jpg

食料はとても安いのですが電化製品は日本の3倍くらい車は3年分の給与くらい
するそうで、ガソリンは 1㍑200円。

結婚も田舎では25歳前後、都会では30~35歳くらいで 子供を持つのは35~40歳
くらいらしいです。 日本のように少子化するのでしょうか?
イスタンプールでは大卒給与が7万くらいなのに 家賃が7万くらいだそうです。
家賃が高くて 夫婦で共働きしないと苦しいとか…
豪華な別荘がたくさん見うけられたけど 格差が大きいのですね~

でも トルコ人はテレビが大好き! 5時間は見るとかで都会も田舎も
パラボナアンテナが林立してました。
どんな田舎にも壊れそうな家にも、3~4本もパラボナが立ってたりします。
見かけたところ庶民は ゆったり、のんびり暮らしているように見えました。

午後からサフランボルへ。

サフランボル泊
[PR]
by hotate13 | 2007-05-27 18:26 | 歩き・旅 | Comments(5)
飛んで“イスタンプール” 9日目

ハットゥシャシュ遺跡
紀元前13世紀ころのヒッタイト古王国の首都。 まだ発掘中。
ヒッタイト人は初めて鉄を利用し、初めて馬車を使った民族との事です。
b0010125_162818.jpg

ライオン門
b0010125_1612126.jpg

b0010125_1710035.jpg
            王の門のレリーフ





城壁には敵から逃げるための
地下道もありました。








ヤズルカヤ遺跡
紀元前13世紀のハットゥシャシュの聖地。 
b0010125_17132253.jpg
露天神殿
岩の割れ目に神々のレリーフが
刻まれています。

沖縄の御嶽(うたき)と同じような 
信仰の場なのですね~



アンカラ泊
[PR]
by hotate13 | 2007-05-27 17:24 | 歩き・旅 | Comments(2)