ミヤマキリシマ

雲仙 普賢岳のミヤマキリシマが 見ごろでは?
2年ぶり 普賢岳に登ってきました。
福岡から150km 雲仙近くのホテルに前泊し、涼しいうちに登り始めました。

妙見神社にお参り  見栄えのしない “妙見岳”(1333m)山頂を過ぎ
b0010125_15422232.jpg

“国見岳”(1347m)が見えてきました。
b0010125_15432194.jpg

短いけど急斜面、 連れ合いだけ国見岳山頂へ。
私は体力温存のため山頂はパス 国見別れから 一人で“鬼人谷”へ。
b0010125_15521042.jpg

国見岳のミヤマキリシマも見頃です。
ズームすると 岩場に連れ合いが… ^^;
b0010125_15574896.jpg

鬼人谷を過ぎ、風穴で涼んでいると 追いついてきました。
“山ぐるま” も元気です。
b0010125_162329.jpg


2年前、“平成新山”の新しいルート、岩を削って ピカピカだった石段も
b0010125_16462745.jpg

貫禄がついてきました。  
b0010125_16284887.jpg


きつ~い登りの後、開けた“立石峰”から “平成新山” 日本で一番新しい山です。
2年前には岩だらけだった山肌に うっすら緑とチラホラ、ミヤマキリシマも
咲いていました。\(◎o◎)/!
緑に覆われるのは 何十年後でしょうか?~
b0010125_1705161.jpg


b0010125_176117.jpg



火山ガスで立ち枯れた木々

霧氷沢を過ぎ  
















“普賢岳”(1359m)山頂から見る “平成新山”(1488m)
普賢岳の中腹から噴火が始まり 親より128mも高くなりました~
b0010125_178760.jpg

平成新山を目の前に お弁当~~~ の間に 山頂はあっという間に人がいっぱい。 
次々と登ってきます。 土、日は大変な登山者でしょう。
b0010125_17171795.jpg


帰路は “薊谷”経由で…
仁田峠は ミヤマキリシマ見物客で大賑わい。
観光バス、車でいっぱいです。
b0010125_1924345.jpg


b0010125_19245561.jpg


雲仙の温泉でモミモミしたけど、久しぶりの筋肉痛で ロボット歩きと
日焼けがおまけについてきました。
[PR]
# by hotate13 | 2014-05-25 15:44 | 登山 | Comments(8)
中仙道 宿場町めぐり

少し前、GWをはさんで2週間ほど ドライブ旅行をしました。
昨秋以来の 孫めぐり旅です。

大阪の孫 1,2は大学2・高校1。 もう じじ、ばばと遊んでくれる時間はありません。
猫を相手に遊び、ブラシで毛を梳いていたら嫌だったのでしょうね・ いきなり噛み付かれました。
ごく 軽~く噛まれただけなのに、噛まれたところが リンパ節のうえ。
手首から肘まで腫れて お嫁さんが心配して~~
近所の皮膚科へ行ったら まァ~「猫ひっかき病」と立派な病名があるのですね^^
猫は独特の菌を持ってるそうです。(家猫でもね~)
リンパ管炎で抗生物質を飲んだり、塗り薬塗ったり。 5~6日で良くなりました。

横浜の孫は小学1、入学を機に葉山へ引っ越しました。
神奈川県のジュニア野球大会で 両親とじじが厚木球場まで応援に行き
初めての試合で 一番バッター・初ヒット・初ホームインと 楽しかったようです。
ばばは疲れるので 家でお留守番。

b0010125_20334836.gif


福岡への帰路は 関越自動車道、上信越自動車道、長野自動車道を乗り継ぎ
連れ合いの希望で 芭蕉の「更級日記」にでる 北国街道、中仙道を回りました。
千曲市や 姥捨て伝説で有名な 姥捨駅や捨てられたと言う大岩、 
「田ごとの月」が詠まれた棚田をブラブラ… 
b0010125_1417561.jpg

どこでも見てみたい連れ合いに付いてゆけず 私は車の中で本を読みながら待つこと多し。


日本一長い宿場町 「奈良井宿
馬込、妻籠ほど観光化されていないけど よく保存されていました。
b0010125_1539067.jpg

一キロにわたって 両側に宿場町が続きます。
b0010125_15502938.jpg

木曽路を走っていると桜が満開、チラホラ散ってきます。
福岡より一ヶ月余り遅い お花見ができました。
b0010125_154222.jpg



中仙道の“落合宿” 本陣。
落合宿は全く公開されていなくて、観光客一人も居ませんでした。
b0010125_150845.jpg


b0010125_152990.jpg

落合宿から 馬込宿までの 十曲峠を越える「落合の石畳」入り口。
皇女 和宮様が中仙道を江戸へ降嫁されるとき この石畳を通られたそうです。
立派な石畳でした。

b0010125_1585111.jpg

峠に 「これより北 木曽路」の碑。 馬込宿に向かいます。
b0010125_151071.jpg

馬込は観光客でいっぱい。
20数年前、馬込宿に泊まり 歩いて妻籠宿に行ったことがあるので今回は パス。
 
馬込と妻籠の境、馬込峠は岐阜県(美濃国)と長野県(信濃国)の境。 
峠には こんなオーストラリアの大型ランドクルーザーが駐車していました。
ステッカーでは 世界中を回っているようです。 憧れますね~~
b0010125_1604386.jpg



妻籠宿」 栗のお菓子が美味しい妻籠です。
b0010125_15284997.jpg

いきなりの雨、木曽路の宿場町には雨がよく似合う!
b0010125_15291971.jpg


3日ほど、中仙道をぶらぶら~  もう 私は家に帰りたい。。。
あと少し・との連れ合いの希望を却下。帰路に尽きます。

長野県から福岡まで 軽で走り抜けます。(^_^;)
名神高速で 横に… キャ~♥
b0010125_16114264.jpg

トラ狂~♥
b0010125_161216.jpg

追い抜きながらカメラを向けると 手を振りながら大阪方面へ。(@^^)/~~~
私たちは 中国自動車道へ。

予定より2日早く 14日ぶりに我が家へ。
家がいい~~^^

車での走行距離 2130km (北九州→大阪 フェリーを利用)
移動距離は    2700km でした。
土、休日 高速半額も6月までとか?
来年は 無理!でしょっ。
[PR]
# by hotate13 | 2014-05-21 14:35 | 歩き・旅 | Comments(4)
鬼おろし

以前から 『鬼おろし』 が欲しいと思ってました。
先日、偶然に見つけ 即、get。
孟宗竹で出来ています。
b0010125_20535463.jpg


キュウリを ちょっぴり下ろします。
b0010125_20541352.jpg


大根も下ろして まぜまぜ。。。
b0010125_20543020.jpg


荒目に下ろされるので 水分も殆ど出なくて 
さっくりと 歯ごたえのある大根下ろしが出来ます。
ポン酢をかけて~うっま!

今、嵌まっています。
[PR]
# by hotate13 | 2014-05-12 21:04 | 旨いもの | Comments(6)
母の日

今年も 息子、お嫁さんたちから
嬉しい~ 贈り物。

豆好きの私 「鎌倉 まめや」の色とりどりの豆を肴に
美味しい~~~冷酒を!   

b0010125_1427444.jpg


スカーフは もちっとお洒落をとのことかな? (^0_0^)
[PR]
# by hotate13 | 2014-05-11 14:30 | 旨いもの | Comments(4)
雪の英彦山

日曜日、 日本三大修験道の“英彦山”へ。
家から 都市高速、八木山バイパスを経て 2時間余りで登山口に着きました。

山グループの清掃登山で ごみ拾いをしながら登る連れ合いと別行動。
山頂で合流することにし、一人登山をしました。

土、日の冷え込みで雪が降ったらしく、奉幣殿から上は雪景色。
雪が凍った石段は 危なくて怖い。
休憩所はツララが・・・
b0010125_2030255.jpg


b0010125_20321923.jpg


b0010125_2032588.jpg

自分の足跡を 撮ってみたり~
b0010125_204214.jpg

途中で会った 修験者姿の 若い女性にモデルになってもらったり~
b0010125_20434452.jpg

樹氷も キラキラ・・・
b0010125_2049378.jpg

頂上も近いようです。
b0010125_20465321.jpg

英彦山(1200m)
b0010125_2051159.jpg

上宮も雪の中
b0010125_20523444.jpg

氷が張り、冷たい!
b0010125_20532726.jpg

清掃登山の皆さま お疲れさま~~~
登山道が雪に覆われ ごみも少なかったよう。 
b0010125_20561383.jpg

ごみ拾いを終えた連れ合いと 合流。

ブラブラ、遊びながらマイペースで登ったので 案外疲れなかったけど寒かった!
手袋二重、スパッツにズボンの重ねばき、帽子も二重 ホッカイロ2個つけてたけど
まだ 耳や顔が寒かった! 頂上はきっと 氷点下。
お弁当を食べるにも寒すぎ! 奉幣殿まで下ってお弁当にしたけど
奉幣殿辺りは ミツマタの花盛りでした。
b0010125_2153374.jpg

思いがけず 雪の英彦山に出会えて 嬉し。
また冬まで 雪山とはお別れです。。。
[PR]
# by hotate13 | 2014-04-08 20:35 | 登山 | Comments(6)
黒々おぐし

もう何年もの間 お雛様は 納戸住まい。

雛の節句が過ぎてから 「あ~ 風に当てればよかった~」と。

今朝 思いついて (ブログネタ無し~~(-_-;)

風に当ててます。

b0010125_1064752.jpg

衣服の色は さすがに色褪せて来てますが

しみ一つないスベスベ肌、黒々としたおぐし…
[PR]
# by hotate13 | 2014-03-02 10:15 | 日常 | Comments(4)
博多包丁

昨日の地元新聞に “博多包丁”の記事。

私、包丁とフライパン には弱い。
出刃、刺身、色々10丁余りの包丁を持っているけど…
   (今日、買いに走りました。)

鍛冶職人の手作りで 一日、3丁ほどしか出来ないとか…
新聞で紹介されたためか、目当てのものは売り切れ!
で・一丁残っていた ワンサイズ大きい これ買いました。
b0010125_20545948.jpg

先が尖んがった独特の形、博多包丁。
    よく切れます! 

日本でただ一人 土俵を作る “土俵鍬” を作ってる職人さんらしいです。
土俵鍬の職人、大庭さんは こちら 
 
b0010125_0204671.png

[PR]
# by hotate13 | 2014-02-25 21:16 | 日常 | Comments(6)
雪見

今朝、起きてみると 背振山系は真っ白。
いつもお馴染みの 叶岳も雪を被っています。
こんな日は スギ花粉の飛散も少ないか?と 出かけました。

麓からみた           叶岳  高地山(右)
b0010125_21343399.jpg

登り始めは 雪もなく。
b0010125_2136318.jpg

徐々に 雪景色
b0010125_21391891.jpg

b0010125_21403099.jpg

b0010125_21405468.jpg

頂上は 銀世界。 気温0度
b0010125_21413451.jpg

雪の テーブルとベンチ… コーヒーを立ち飲み。   すぐ下山しました。
b0010125_21415127.jpg


myコンデジの電池切れで 連れ合いからもらった写真で~~^^
[PR]
# by hotate13 | 2014-02-14 21:54 | 登山 | Comments(10)
強い味方

先週あたりから ちょっと鼻がモゾモゾしてた。

2~3日まえから ニュースで花粉の飛散情報が流れ始める。
いつもの 嫌~~な季節到来です。

でも この数年 2~30年前のころのように 酷い症状は出ない。
医師に「そうなんです。唯一 軽くなるのは加齢」と言われ。 フン!(-_-;)

昨日、TVで どこかの医師が「花粉にヨーグルトが効果有り。」と言ってた。
そ~ョ・・・ 私 もう10年余り“カスピ海ヨーグルト”を毎日食べてる。

もともと牛乳嫌い。 
市販のヨーグルトは 甘かったり酸っぱかったり 変な味がついてたり…
長続きしなかったが カスピ海ヨーグルトは 無味で粘りがあり美味しく食べられた。

最初は ハガキ絵の先生から種を頂いたけど 
段々と元気がなくなり、ヘタって来て美味しくなくなったが

岩田屋のデパ地下で“カスピ海”のヨーグルト菌が
売られているのを知り ず~と便利に使ってる。
b0010125_2052391.jpg

二包入り ¥800 賞味期限10ヶ月ほど。
冷蔵庫にストック 時々新しく作り変える。
作りたては もっちり粘りがあって美味しい!

b0010125_19482929.jpg

眼のため ブルーベリージャムをかけて~

このところ 花粉症状が軽くなってきたのは
加齢だけでなく カスピ海ヨーグルトのお陰・と 信じるものは救われます。(*^^)v
花粉症の方、お試しあれ~~^^
[PR]
# by hotate13 | 2014-02-05 20:27 | 旨いもの | Comments(6)
クッション

一ヶ月ほど前 ロングドライブで 孫1 孫2 孫3 巡りをした時…


横浜の孫3が こんな物を作って待っててくれました。
20㎝ × 50㎝ほどの 細長いクッション。
b0010125_18103919.jpg


この夏に帰省してきた時、丁度 腰の痛みで杖を付いて歩いていた私を見て
私の手をとり ソロソロと足元を見ながら歩いてくれたのです。

腰痛のばぁばのために クッションを作るんだと
ママに布をだしてもらい 糸を通してもらって 自分で縫ったそうです。
家に着くと ばぁば用の椅子にセットしてくれていました。^^

別れるとき 「Kちゃん クッションとても楽だった、ありがとうね~ 」と言うと
「ばぁば 持って帰っていいョ~ ちょっと穴が空いちゃってるから縫ってネ
 中に毛糸入れてるョ~」と言いました。
「ありがとうね~」と喜んでもらって帰りました。
寝るとき 脛の下に敷いたり、腕を置いたり… 結構、役に立っています。 


b0010125_1837302.jpg
野球に夢中の6歳
この小さな手で ばぁばの腰痛を心配して作ってくれた
クッション。
縫い目が大きいので ほつれて穴が空いてるけど
ばぁばが縫い直すと この縫い糸が隠れてしまうのね~

この穴と大きな縫い目 このまま楽しもうと思います。
                        (^0_0^)
[PR]
# by hotate13 | 2013-12-05 22:15 | Comments(12)